売掛金の買取を希望していてファクタリング会社の利用を検討中なら、候補を一覧に書き出した後に、比較して絞り込むのがベストです。ファクタリング会社を比較する上でのポイントには、取り扱いのあるファクタリングの種類や手数料、そして入金日の目安が挙げられます。ファクタリングの種類は大きく分けると2社間と3社間で、資金調達目的の現金化スピード重視であれば、取引が簡潔な前者の2社間ファクタリングが狙い目です。手数料は安さでいえば3社間ファクタリングに軍配が上がりますが、実際のところはファクタリング会社によって幅があります。

その為、比較して相対的に安い方を探し出したり選ぶ必要があるといえます。ファクタリング会社は同業他社に対する優位性を獲得する為に、申し込み日の即日現金化を謳っているところが少なくないです。ただ、最短即日同士で比較しても、一方は申し込み時間に関係なく即日入金、一方は一定時間以降の申し込みは翌日以降の入金ということがあるので注意です。当然ですが、時に数百万という大金も扱うことがある売掛金の債権譲渡には、相手の信用を徹底的に確認してから取引を決める心構えが求められます。

ファクタリング会社を比較したり選ぶ時には、運営している企業の名前や所在地、代表者名に連絡先、沿革なども隅々までチェックすることをおすすめします。経営の実態が曖昧だったり、掲載されている情報が限定的、複数のサイトでの掲載があってサイトによって内容が異なる場合には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です