できるだけ手数料を安くファクタリングを利用したいと考え、複数のファクタリング会社を比較するために見積もり依頼を出すことは問題ありません。しかし注意しなくてはならないのが、複数の会社に同じ売掛債権を売却してしまうことです。見積もりを出した流れから断ることができずにこうしたことを行ってしまうと、最悪詐欺として訴えられる危険性があります。ファクタリングでは安全のために債権譲渡登記を行いますが、登記をすると記録として残ってしまうため、ファクタリング会社の中には登記を保留にしてくれるところもあります。

売却先がすべて登記を保留してくれるファクタリング会社だった場合、売却した時点ではブッキングしていることが発覚しないのです。問題が起きるのは支払いをする日です。本来の売掛先から入金されても、複数の業者に支払いするのが難しくなるため、支払い不能でブッキングしていたことが発覚します。最悪売掛先にも債権譲渡を行っていたことが連絡されてしまうので、今後の仕事に影響が出てくる危険性もあります。

仮にバレずに支払いをすることができたとしても、バレなかっただけでやっていることは詐欺となります。ファクタリング会社を比較すること自体は悪いことではありませんが、注意しなくてはならないポイントもいろいろあるため、利用前には必ず注意点を把握しておくようにしましょう。お金が必要で困っていると、つい目の前のことに集中してしまいがちですが、支払日やその後の資金繰りについても計画して実行しなくてはなりません。実際の契約は比較が完了してから進めるのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です