売掛金を債権として譲渡して現金化できるファクタリング会社は、それぞれ特色のあるサービスを提供しておりどこに申し込んだら良いのか迷ってしまいますが、まずはサービスの詳細を調べてから徹底比較し、最も最適なプランを利用するのがおすすめです。最初に考慮したいのが最低金額の設定で、現金化をした際に受け取れる金額に大きな差が付くことがあります。ファクタリング会社のサービスでは売掛金を譲渡する際や、売掛先の企業から代金を徴収するための事務的手数料が発生します。この中でも代金の徴収は1回の請求で全額支払われるケースもあれば、数回にわたり請求をするケース、または分割払いや支払期限の延期を求められるケースもあります。

そのような手間がかかるほどコストも増加しますが、もしもこれが無限に増え続けたなら現金化をしてからの金額がごくわずかとなってしまう可能性があります。それを回避するためにファクタリング会社の中には最低金額が設定されており、一定以上のコストはファクタリング会社の側で担ってくれるので現金化されてからの金額が確保されるというもので比較する際のポイントになります。つづいて考慮したいのが、現金化されてからの受け取り方法です。多くは指定口座に振り込まれますが、提携している金融機関以外の場合は振込手数料の分が差し引かれてしまう場合があります。

そこでファクタリング会社が提携している金融機関に、自社の口座を開設していれば手数料を省くことがかのうで、比較の際には重要な要素です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です