手軽な資金調達方法として定着したファクタリングですが、需要の多さに比例して多くのファクタリング会社が設立されました。どこのファクタリング会社が良いか比較をし検討できるのは良いことですが、あまりの数の多さに今や比較検討が手間になってしまっています。まず自社がファクタリングを利用する点において、手数料を多く支払ってでも即日現金化したい、手数料はなるべく低く抑えて手取りを増やしたいなど、どんなことを最優先したいかを意識することが大切です。ファクタリング会社はそれぞれ少額でも審査が通りやすい、申し込みから審査を経て入金までがスピーディー、手数料が安いなどをセールスポイントとしてあげています。

加えて個人事業主でも利用できるかどうか、WEBだけで申し込みや審査ができるか、2社間取引と3社間取引に対応しているかどうかという点を比較するのが、自社に有利なファクタリング会社を選ぶコツです。ファクタリングというと貸し倒れが起きたときも債権が移動していたら不利益を被らないのが利点のひとつでしたが、近年は貸し倒れの多さからファクタリング会社も償還請求権を契約するようになってきました。償還請求権とは倒産などにより回収できなかった売掛金をファクタリング業者から請求されることがあるので、利用者側としてはこの権利を主張しない会社と契約するほうがお得です。3社間ファクタリングをする場合は、運営会社の信頼性も大切なのでこれらが比較検討するうえでのポイントとなります。

ファクタリング会社の比較のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です