ファクタリングとは、企業の売掛金をファクタリング会社が償還請求権を企業に求めることなしに売掛金を買い取ることによって、企業が資金を通常よりも早く得られる仕組みのことです。詳しくいうと、企業の売掛金をファクタリング会社が譲り受け、本来売掛金をもらうはずだった企業よりも早くにお支払いする仕組みです。これから、3つのメリットについて述べていきます。一つ目はキャッシュフローが良くなることです。

企業は自社の必要な時に必要なだけ債権を売却し、資金を受け取ることができます。重要な特徴の一つになりますが、この時、銀行から資金を借りるときのように担保を請求されることなく、早期に資金を得ることができます。すなわち、本来は期日まで待たなくてはならなかった売掛金などの債権の回収を、早期に回収することが可能になるのです。二つ目は貸借対照表がシンプルになることです。

早期に資金を得るための方法としてオーソドックスなのは社債を発行することだと言えます。しかし、社債は貸借対照表上で負債という扱いになってしまいます。反対に、ファクタリングは償還請求権が求められないため、貸借対照表上で負債にはなりません。三つ目は万が一売掛先企業が倒産しても支払いを請求されないことです。

貸し倒れになってしまった場合、回収リスクはファクタリング会社の負担になるので支払の義務は発生しません。このように、企業の資金調達を助けることによって企業活動が安定したものに導く有用性のある仕組みなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です