企業運営にとって現金は欠かせないもので、キャッシュフローはまさに企業にとって人体に流れる血の如く大切なものです。このキャッシュフローが枯渇するビジネスではチャンスを逃すことがあります。現金取り引きで交渉を有利な価格ですすめるなどが典型です。しかし企業活動においては、どうしても売掛債権の抱えることは避けられませんが、これが過ぎると資金たりるも財布の中身が空っぽという状態になり、事業活動が止まってしまいます。

このような事態に対応できる方法には、ファクタリングがあります。これは売掛債権を専門の業者に売却して現金化する方法で債権譲渡に当たります。長期の売掛債権も売買可能なので現金化には欠かせないシステムです。しかしこのファクタリングにも注意点があります。

それは現金化する際の手数料の問題です。極端な例で行くと100万円の売掛債権を80万円で売却するといったこともあり得ます。が売掛債権は必ずしも回収できるとは限らず不良債権になって、全く現金化できないことも想定されるので、そのリスクの手数料と考えれば安いとも言えます。またこんなケースも考えられます。

先に述べた例で80万円の現金で本来100万円相当の物をキャッシュなので値引いて、80万円で取得できた場合、キャッシュを活かした取引ができ、ビジネスチャンスを活かせたわけなので表面的はファクタリングが損に見えても、実際は利を得たのと同じことなります。このようにファクタリングをうまく活用した場合、キャッシュフローを有効にふやす事ができます。ファクタリング会社の比較のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です